k.kae
| C | A | L | P |
連休 -パート2-
三日目 曇り時折雨の一日です。 

楽しみにしていたシャツのオーダー、ヴィンテージのサングラス等
お目当てのところでお買い物をしたり♪
あちらこちらと、、、普段の数倍もの距離を歩くのですが 
違う景色などで気分は上々のわたしです(^o^)

三日目の最大のお目当ては大好きな家族とのディナー
子どもたちはすっかり大きくなり 
バリバリと働く彼女 学生生活を楽しんでいる彼 

大好きな姉弟が益々素敵な大人へと成長される過程を見続けて行きたいものです。
そして円熟を増した魅力的なご夫婦との再会です(*^^*)

家族がリザーブしてくれたマンダリンオリエンタル東京での食事。
小雨も止み時折日が差し出しました。

マンダリンオリエンタル東京
高層ホテルから見える広がる景色に「さすが東京!」と納得絶景です!

広がる東京の夜景☆
食事、会話も楽しむうちに広がる景色も輝く夜景へと移り変わりだしました。
愉しいとあっという間に時間が過ぎていきます。

最終日
雨も止みお天気になる予報でしたが 気温が下がり冷たい雨が降っています。

気を持ち直し 

パナソニック汐留ミュージアム
まずはパナソニック汐留ミュージアム『GEORGES BRAQUEジョルジュ・ブラック展』へ行ってきました。
館内に入ると冷えきった身体を暖かな空気が包んでくれます。
今回初めて観るブラックのジュエリー、彫刻、陶磁器等など。
 6月24日までの開催です。

そして、東京へ来ると 必ず最終日に訪れる東京庭園美術館へと。。。

冷たい雨で足取りも重くなっていたわたしですが
大好きな美術館が近かずくと 太陽が照りだし一気にお空も気持ちも明るくなりだしました。 

交差点で外国の老夫婦の方と信号待ちです。
同じ方向にご夫妻も歩きだされました。  もしや・・(^o^)

大好きな庭園美術館
門からエントランスまでの道のりも暖かい陽射しの美しさに何度も脚を止めながらの到着です。

館内一階部分は写真OK!とのこと。

美しい大食堂
にわかカメラマンのわたしはすっかり興奮状態
ふと気がつくと、あの交差点でお見受けしたご夫妻も楽しんでおられます☆

旧朝香宮邸+フラン絵本展
今回の催しは『旧朝香宮邸+フランス絵本展』とのこと。

朝香宮さまご夫妻がお住まいの頃の映像なども含め美しい調度品

アール・デコの装飾に見せられて☆


アール・デコの邸宅をふんだんに観ることが出来ました。

後ろ髪ひかれる想いで
何時も通りの記念写真です
新幹線の時間も有り 後ろ髪ひかれる想いで美術館を後にしました。

少しずつお天気も回復 
東京に向かった時は富士山を目にすることはできませんでしたから 
帰りには、と楽しみにしていたのですが 睡魔には勝てず今回はお預けの旅でした。

もうすぐ京都。


帰途につく景色も美しく
滋賀県の水田に映る夕日にうっとりしながら三泊四日の連休は終わります。

今回も色々な経験、出会いが出来
いい休暇の東京でした。

東京はじめ各地から京都に来てくださるゲストの方々も
the writing shopでいい思い出を作ってくださると嬉しいなぁ。。。\(^o^)/




| - | comments(0) |
連休  -東京パート1-
一年ぶりの東京です。

今回は美味しいものを食すのが一番の目的
とは言っても美術館巡りは欠かせない余暇の楽しみです。

前日までお天気に恵まれていたのですが・・・
出発当日から空模様が怪しい、、、今回は富士山を見ることが出来ず到着です。

早速お昼を済ませ

東京国立新美術館にて
まずは国立新美術館へ

最終日の『Buhrle Collection 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』
ルノワール、ドガ、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ等など。
美しい絵画が館内を埋め尽くしています☆

その中でもとりわけ見入ってしまったルノワールの可愛いイレーヌ(Little Irene)

美しい「可愛いイレーヌ」
透き通る肌、優しい色彩 際立つ凛としたブルーの瞳に心震えてしまいます。
館内を巡りながらまたイレーヌの前に☆

クロード・モネ「睡蓮の池」
閉館近くまで愉しんだ作品展でした(^o^)

一日目の夜

大人の夜を満喫
食事を済ませアマン東京ラウンジでのひと時です。

アマン東京 ラウンジにて
目の前に広がる新宿の町が薄暗く見えてしまうほど雨が強まっています。
シャンパンそしてブランデーをいただき大人の時間を堪能しながら東京の夜は過ぎていきます。

二日目
目的のフレンチ・レストラン 
ロオジエ(L’OSIER)でランチです☆

少し早く到着でしたがロビーで待つひと時も贅沢そのもの。

銀座ロオジエにて
美しく魅力的な真鍮の丸テーブルもご馳走です☆

螺旋階段を降りるとゆったりと広がる空間
お好きなお席を、、と言ってくださり店内が見通せる中央奥の席にエスコートして頂きました。

テーブルに美しいピュイフォルカのカトラリーが並べられます。
(実際に使うのは初めて♪)

シャンパンでアミューズで
器も魅力のアミューズ
アミューズ二種類からスタートです(*^^*)

前菜
大好きなホワイトアスパラの前菜
フランス産ホワイトアスパラとコキヤージュ 花紫蘇添え あさりのロワイヤル 潮の香るプティ・ポワのエキューム 複雑で爽やかな前菜です(^o^)

お魚
お魚ハタのお料理
ハタとフレッシュハーブのクレピネット包み焼き ほうれん草と野菜のラビオリ 赤ワイン風味のソースベアルネーズ ナイフを入れると真っ白な身が ソースと合わせ最高♪

そしてメインのお肉です。
(牛肉から子羊に変えて頂きました)
メインは子羊(^o^)
大好きな子羊 やぁ〜ん、美味しい〜〜(*^^*)
お料理に合わせたペアリングの素晴らしさに驚き感動です。
まさしくマリアージュ(*^^*)

終盤に入りデザート二種類
プレ デセール☆
柑橘類のナージュ ソルベ
柑橘類のナージュ アネットとバジリコのソルベ
 
そして
フリヤンディーズのワゴン
フリヤンディーズのワゴンとカフェ 

ショコラとブランデー&カフェ
食後酒のブランデーをいただき最高! 幸せ〜〜\(^o^)/

ご馳走は勿論ですが素晴らしい空間そしてスタッフの方々のサービス。

帰り際、「今日のメニューです!」とシンプルで美しいメニューを渡してくださいました。
美しいメニュー表☆
いい記念に そしてお土産になりました(^o^)

ロオジエ“ファン”の多いのも納得です。
素晴らしいひと時でした☆

今度はディナーを楽しみたいなぁ。。。


| 日々 | comments(0) |
営業及びお休みのお知らせ
今年はいち早く桜が満開になり
あっ、という間に新緑の季節となりました☆

春から初夏へと・・・
お待たせしておりました5月の営業日等のお知らせです!

まずは営業日のお知らせ
4月26日(木曜日)から5月6日(日曜日)まで営業致しております。

そして、お休みのお知らせです。
5月7日(月曜日)から10日(木曜日)までお休みをさせていただきます。

まだまだ、寒暖差が激しい季節ですが
新たなるご縁も
懐かしいお顔との再会も心待ちにしております\(^o^)/

| writing shop | comments(0) |
美しい紙と活版印刷
春の訪れから初夏を想わせる日が続く毎日です。

ユキヤナギも色濃く
あっという間に新芽が芽吹きだし新緑が楽しみな季節となってきました。
色々な人生のスタート チャレンジが始まる季節です。

the writing shopも美しい手漉きと活版印刷で
十数年お付き合いのあるイタリア・アマルフィーの手漉き
美しくエレガントな紙

より魅力的に出来ないかと思案をしてきました。

以前より魅了されていた美しいヨーロッパのレース文様をヒントに
オリジナルデザインによる四種類のレース文様を作ってみました。 

the writing shopらしく インクを入れず活版印刷で仕上げて完成です☆

美しいカードセット
縦型の美しい封筒も魅力のひとつのカードセット☆

美しいコラボ
A5サイズの便箋にもレースモチーフをあしらってみました☆

四種類のレースモチーフのご紹介です。

ピアノの音色が・・・^o^)
ショパンのノクターンが聞こえてくるような・・・(^o^)

手毬とお花
日本の手毬のようなモチーフと愛らしいお花とコラボ

大人のモチーフです☆
昔から目にしたことがあるようなレース模様

レースのハンカチのような☆
こんなレース模様のハンカチを持ちたいなぁ(*^^*)


贅沢なカード、便箋

ちょっぴり背伸びをして
素敵な方々へのお祝い、お礼などにお使いいただけると幸いです。
| writing shop | comments(0) |
もっと身近に愉しんでみて(^o^)  -Fountain pen-
もう早 3月も終わろうとしています。

寒さ厳しかった冬
一気に気温が上がり駆け足で満開の桜
季節が移り変わろうとしています。

3月、4月
卒業、入学そして就職と人生の節目の季節でもあります。

The writing shopにも活版印刷
額装等など色々なご依頼をいただくことが多い季節(^o^)

近年若い方々からの万年筆のご依頼が増えだしました。
「この素材が、、革が、、、この色が、、」と
沢山の素材、色目、ペン先の種類など資料を見ていただきお選び頂いています。

一番身近に使っていただくレジンの万年筆

ずら〜っと並ぶと綺麗☆
今回お選びいただける色目を揃えてみました。

沢山の色目のなかでお好きな色選び

金色のクリップと合わせても素敵
時にはキャップだけを黒のレジンにして個性的に。

綺麗な色目と銀色のクリップ
クリップ金色銀色だけでも随分と印象は変わってきます。

デビューペンとして楽しんでいただける万年筆☆

お祝い お遣いものとしてお選びいただくのもいかがでしょうか(*^^*)
| writing shop | comments(0) |
祝日Openのお知らせ
足元の色とりどりの小石まで

ワクワク見っけ(^o^)
春???(*^^*)




週明け気温が高いのか、、、低いのか、、、春の雨が数日続くようです。
菜種梅雨。
美しい表現に春を感じてしまいます。

明後日 3月21日(水)春分の日
The writing shopは いつも通り1:00pm-6:00pm営業致しております。

近くにお越しの際にはお立ち寄りくださいませ。

お待ち致しております\(^o^)/
| writing shop | comments(0) |
唐代 胡人俑   -大阪市立東洋陶磁器美術館-
気温も上がった休日
中之島にある大阪市立東洋陶磁器美術館へ ぶらりと行ってきました(^o^)

東洋陶磁器美術館前にて
お気に入りの美術館です。

今回の展示は 「唐代 胡人俑」
唐の時代 国際都市として繁栄した長安にはシルクロードを通り世界各地から人々が集まっていたそうです。

中央アジアを拠点に活躍した「胡人」と称される人々の唐人形が展示されていました。

ずらりと並んでいます☆
今までに目にしていた唐人形とは違い目鼻立ちがはっきりとした顔立ちに魅了されながらの観覧です。

チケット、ポスターに載っている胡人俑。


胡人俑
ヒョウ柄のパンツ(きっと、ヒョウの毛皮かな)を履いたエキゾチックな姿にも釘付けです☆

馬の迫力に圧倒
今回、写真OK!とのことでしたので 一体、一体夢中になりながらカメラ小僧状態のわたし(*^^*)

閉館が近づき 慌てて常設でお気に入りの唐人形に会いに二階まで。

お気に入りの唐人形
今回もふくよかな姿

なんて、いいお顔でしょう
優しいお顔に見入ってしまいます☆

時間をすっかり忘れてしまうほど堪能した今回の休日も楽しかった〜〜\(^o^)/


日本初公開の唐代胡人俑  3月25日(日)まで公開


| 日々 | comments(0) |
まるで ダイヤモンド(*^^*)
今日は全国的に低気圧や前線が通過するため 雨風が強まっています。
京都も朝から雨が降る一日となりました。

少し小雨になったかと思うと
急に風が強くなりだし横なぐりの雨が。。。

春の嵐を想わせる一日です。

The writing shop エントランス横にあるソロの樹
美しくしなやかな枝に雨粒がキラキラと輝いています☆


輝いています☆
まるでダイヤモンド☆☆☆

静かな時間が流れ 贅沢な景色です(*^^*)
| 日々 | comments(0) |
待って、待って、届きました(*^^*)
やっと、やっと、、、、
今回は随分待ちましたぁ。。。。
その分、イタリア・フィレンツェより届いた時の嬉しさ倍増〜〜(*^^*)

待ち望んだノートたち(^o^)
魅力的なマーブルペーパーと革表紙のノートたち。
今回もスクウェアタイプとトライアングルタイプの二種類です。 

迫力ある革表紙ノートたち
そして迫力ある革表紙ノートたちも(^o^)

勿論、美しいマーブルペーパーも☆
空きがあったバーに掛けられて・・・

やっぱり赤は迫力
パワーを感じるレッド 静かに流れる川のようなブルー

初マーブルたち☆
初めてお目見えの色合いも素敵☆

どれも魅力的です☆
素敵で迷っちゃいます(^o^)

美しいマーブル勢揃いです 
まるで美しさを競い合っているかのように見えます。

一冊、一冊すべて手仕事で 世界中で一冊だけのノートたち(^o^)

ページマーブルも魅力☆
ノートたちは全てページマーブル 

花布もページも手仕事
花布もダブルで仕上げてもらいました。

どのように使うかも ひとつの楽しみ方かもしれません。

ペーパーもブックカバーにしたり、額のマット代わりに使ったりと
楽しみ方はい〜〜っぱい\(^o^)/
| writing shop | comments(0) |
Luther -活版印刷-
ご縁を頂いてからもう五年の月日が・・・

鹿児島県の芋焼酎の八千代伝酒造
四代目の彼との出逢いは招待状等の活版印刷でのご依頼からでした。

京都⇔鹿児島 随分遠くからのご依頼。 嬉しいやら驚いたりやらの出逢いでした。

その後もwriting shopで用いている紙 そして活版印刷を気に入ってくださり
お子さんが誕生されたときもアナウンスカードの(誕生をお知らせするカード)
ご依頼をいただきました。

そして今年早々、「日本農業法人になり記念の芋焼酎を造るので 
是非、活版でカードを作って欲しい」との嬉しい一本の電話が入りました。

お酒造りなのに農業法人??と 
はじめは何だろう??と戸惑いながらお聞きすると 
自ら作ったサツマイモで芋焼酎を造るということでアルコール分野では初めての農業法人だそうです。

今まで経験をしたことが無い印刷の枚数に驚きながら
ご依頼者の芋焼酎を造るという熱意が伝わってきます。

ちょっぴり不安もありながらお受けすることにしました。

7cm四方の小さなカード。
明朝体五号とセンチュリー五号を組んで
“たとえ明日世界が減亡しようとも 今日私はリンゴの木を植える Luther”

活版印刷でのカード
ドイツ(Martin Luther) マルティン・ルタ−の言葉
彼のモットーとする大切な言葉だそうです。


大量印刷なのでまずは替えの活字も(摩耗していくので)準備
そして要望サイズに紙カットと続きます。

期日までに出来上がるのかが不安の毎日でしたが・・・

lovelyなヴィンテージ・マシーンにwriting shopオリジナル・ブラックインクで
一枚一枚 心を込めて丁寧に印刷。

日々、印刷することで今までに経験したことがないことが見えてきます。

印刷途中で全国の酒屋さんから注文が入り全て行き先が決まったとの連絡をいただきました。
Writing shopも頑張らなくてはと気合が入ります(^o^)

何とか予定内にお送りすることが出来、 
ほっと一息をつきながら満足出来る仕事が出来たことに感謝でいっぱいです。

今回の発売された芋焼酎
小さな畑からスタートしたサツマイモ作り。

革命的な芋焼酎です(^o^)
数年かかり自社栽培で作られたサツマイモでの芋焼酎の完成です。

信念を持って前を進まれている姿にも感動を覚えました。

The Writing shopも少しづつでも一歩、一歩
信念を持って喜んでいただける品々を生み出さねばと力が湧いてきます\(^o^)/
| 活版印刷 | comments(0) |
| 1/69 | >>