k.kae
| C | A | L | P |
美しき時祷書
何年ぶりでしょうか

今年久しぶりに15世紀(1440年〜50年)フランスの時祷書と出合えました(^o^)

ただただうっとり(^o^)
今回で何度目かの額装です

何世紀も残る手書き☆
羊皮紙(Vellum)に手書きで書かれた中世装飾写本です☆

挿絵も感動☆
それぞれ異なる祈祷文や詩編が書かれ内容に合わせた美しい挿絵が施されています。

美しく光り輝く金箔
今回の時祷書も裏表金箔そして美しく魅力的な挿絵が施されています。

オリジナルモチーフを金箔で
The writing shopらしくコットンペーパーをマットにしてthe writing shopオリジナル・モチーフを24金箔で描いてみました。

最後の仕上げに 

重厚なヴィンテージ・フレーム
上品で重厚なヴィンテージ・フレームに収め完成です(*^^*)


数世紀も前だというのに 21世紀の現在も

ただただうっとり(^o^)
魅了される美しさが失われることなく輝いています☆

| writing shop | comments(0) |
Christmas Wreath 2018

今年も届きました(*^^*)
今年もthe writing shopに天国からの贈り物が届きました☆

オープンしてから数年後に母(はは)さんからプレゼントしてもらったクリスマス・リース
それから三年後の12月神様からのお迎えで旅立った母(はは)さん。

これからは自分で調達をしなければと思っていたのですが
あれから12年の間 変わらずthe writing shopに母(はは)さんから届くリースです☆

鮮やかなウメモドキの実
いつものように生木のモミの木をメインに1メートル20センチ程のリース

手漉きの天使も加えて☆
今回は真っ赤なウメモドキの実、赤唐辛子そして真っ赤に熟したおリンゴ
緑色と赤色のコントラストが美しい大人のリースです(^o^)

クリスマス・カード等も含めThe writing shopは益々、華やいで来ました(*^^*)


| - | comments(0) |
Christmas Ornaments
The writing shopの店内がどんどん賑わいだしてきました☆


初めての天使
天使のモチーフが気になりだしましたところの出合い♪

幸せが来ます☆
思わず笑顔に・・・(^o^)

たまらなく可愛い(^o^)
たまらなく可愛く愛おしくなっちゃいます(*^^*)

新たに手に入れたオーナメントでクリスマスのお飾りが完成しました☆

みなさんも癒やされてください(*^^*)

| writing shop | comments(0) |
2018年 Christmas Card & Christmas Ornaments
春から例年とは違った季節感
一昨日は初冬とは思えないほど気温が上がり戸惑ってしまいましたが
今週末より初冬らしい気温になるようです。

12月といえば・・・
クリスマスシーズン☆☆☆

Writing shopもやっと、、、

可愛いクリスマスカード☆
クリスマスカード☆

クリスマス・ボックスたち
お飾りなどがお目見えです☆

ヴィンテージ・オーナメント
24K箔などを用いてのカード及びお飾りなど 手作りでの品々です☆

新しいお飾りも・・・(^o^)
新しく手元に来たヴィンテージ・ピューターたちも揃い出しました。

個性豊かな
個性的なオーナメントです☆

大人の女性
情熱を秘めています。

モダンスタイル
モダンスタイルも素敵☆
魅力的な天使A
フレームに入れてお飾りしたくなるカード☆

可愛い天使C
愛らしい赤ちゃんみたい☆
側に置いておきたい天使D
まるで守り神のような天使のカード

マダムの雰囲気が☆
洗練されたマダムのような・・

ご自宅でお飾りして楽しんでいただいたり 
大切な方々への贈り物としてお使いいただいたりと。。。

ひとつひとつ違った魅力のある品々
少しづつですが まだまだ登場してきます。

是非お近くにいらした際にはお立ち寄りくださ〜い☆


お待ち致しております\(^o^)/
| writing shop | comments(0) |
年末年始の営業日のお知らせ
晩秋から初冬の季節なのですが・・・

あれあれ、、、
今日の京都の最高気温は23度 季節が逆戻りです。

でも最終シーズンの12月
気分はクリスマスへと飛んでいます☆


2018年クリスマス到来
The writing shopより クリスマスからお正月に向けてのお休みのお知らせです。

明日5日水曜日はお休みをさせていただきますが
来週12日 再来週19日の水曜日は営業致しております。

年末の水曜日26日はお休みになりますが
12月31日まで営業致しております。

2019年1月2日より営業致しております。

通常Open時間は1:00pm-6:00pmですが 
大晦日31日 新年2日、3日、4日は5:00pmまでの営業ですので
お気を付けていらしてください。


クリスマスカード&お飾り
クリスマス・カード クリスマスのお飾りなど店内が賑わい出しました。

今年もお気に入りのカード、お飾りなどに出合っていただけると幸いです。

お待ち致しておりま〜す\(^o^)/



| writing shop | comments(0) |
有意義な休日
今日から11月
今年は例年になく 早く月日が経った気がします。

益々、秋深まりだす毎日
空も山々も色とりどりに輝く季節です☆


秋晴れの休日
電車に乗り滋賀県の湖北に位置する余呉駅まで行ってきました。
目的は余呉湖を自転車で一周。

京都より寒いだろうとコートを羽織り 準備万端で出発です。
スタートは湖西線に乗って☆
琵琶湖と山々が輝いて見えます^_^

北へどんどん向かっていくと 

車窓からの景色
広がる青空も雲もまるでアートを観ているかのようです。

突然、目に飛び込んできた虹

車窓から見える美しい虹
山の麓から琵琶湖へと広がる虹。
人もまばらな車中で興奮しながらシャッターを押し続けてしまうわたしです(^o^)

列車は近江今津を過ぎ 北へ北へと走ります。
随分と北へ進んで行くと雨が降り出してきました。
一瞬、京都に戻ろうかと思ったのですが・・・
取りあえず目的地まで目指してみました。

余呉駅に着くとやはり雨が降っています。
駅にあるレンタル自転車を借りること無く 

余呉駅前にて
駅で次の列車を待つことにしました。(1時間に1本)

陽が指すなか雨がシトシトと降り続きます。
ふと、東の空をみてみると、、、、
見たことがないほどの色濃く、くっきりとした虹が出ています\(^o^)/

美しく色濃く
人生でこんなに美しい虹を見たことが無いほどの虹です☆

待ち時間の間も 

まるで東山魁夷の絵
美しい景色が心を豊かにしてくれます。

帰りのコースは琵琶湖の東側を通り帰途につくことにしました。
車窓から見える美しい空
思わずカメラを出し撮影スタートです☆

繰り返しシャッターを押す中 ギラギラとした太陽が水面に映る景色が撮れ 

沈み出す太陽
すっかりカメラマン気分のわたしです笑

草津駅辺りになってくると随分と陽が沈みだしてきました。

沈む瞬間の美しさ
美しく輝きながら陽が落ちる瞬間も撮れ
琵琶湖一周の小旅行を終えることが出来ました☆

いつか余呉湖一周も達成できることを願って有意義な休日に満足、満足(*^^*)

| 日々 | comments(0) |
FOUJITA 藤田嗣治展   -京都国立近代美術館-
秋晴れのいちにち
芸術の秋

自転車で秋晴れを楽しみながら近代美術館へ行ってきました。

晩年フランス国籍を取得した画家 

照れながらの記念撮影
藤田嗣治(レオナール・フジタ)の展覧会です。
没後50年ということで 100点以上の作品が集まっています。

代表的な乳白色の下地での作品はあまりの美しさに息を飲んでしまいます。

図録の表紙の「カフェ」と題された作品も

図録を見ながら思い出しています☆
油絵とは思えないほど女性の肌が艷やかに描かれています。
ソファー、テーブル どれも柔らかだったり、しっとりだったりと観ているだけで伝わってきます☆

展覧会は12月まで開催されているのでもう一度と。
思いながら美術館を後にしました。

少しずつ日が暮れだしてきました
街灯に灯りが・・・

余韻を残しての帰途です☆
ほんのりと見える夕焼けもご馳走の一日となりました☆

| 日々 | comments(0) |
豊かで贅沢ノートブック
The writing shopではハンドメイドのノートを扱っています。

Writing shopオリジナル・ノート 

イタリアより
そしてイタリアの職人が手がけるノートたち。

贅沢なノートに囲まれて(^o^)
とても豊かで贅沢なノート。

使い方は人それぞれ
書き留めたいと思う言葉だったり 素敵な景色を描いたり 可愛い子どもたちの手形、足形を残したりと、、、

まるでバイブル
素敵を埋めていく そんなノートたちです。

「いったい何を書けばいいのか」と質問を受けることがあります。
何を書くでは無く 何かを書きたくなるまで・・・
眺めたり触れたりなどして(^o^)

豊かにしてくれる小道具
豊かな小道具として楽しまれてはいかがでしょう。



今日の日の出5:48 日の入りが17:47
ちょうど昼、夜12時間 明日から夜長の季節

身近に贅沢で豊かな品々に囲まれ

お気に入りの音楽をBGMにしながら物思いに耽るのも、、、
美味しいものを食しながら友人たちとのひと時も。

大人の季節の到来です。

秋深まりだす季節 
お洒落も 芸術も音楽も そしてご馳走も これから夜が長〜くなる季節

いっぱい愉しみましょう(^o^)

| writing shop | comments(0) |
Delft Tile
パート兇紡海 

対で並べても素敵
18世紀のデルフト・タイル二点

昔の遊びでしょうか

西洋凧上げ
一枚は日本でいう凧上げ?(西洋カイトかな)

もう一枚は 竹ではなさそうですが 

西洋竹馬かな
まるで竹馬のようなものに乗っています。

どちらも愛らしく美しいコバルトでの染付の絵
思わず笑みを浮かべてしまいます☆

今回、ご紹介の額は 
木枠を選び作っていただきました。
タイルと同じ様に正方形で。

ハンドメイド・フレームに金箔
上下にはオリジナルでthe writing shopで用いる24K箔をあしらってみました。

大正時代の釘もバッチリ
ご紹介したそれぞれの額装には大正時代の鉄の釘を加工してタイルを止めてアクセントに☆

ベースも表情いっぱい
白亜を膠で混ぜオリジナル絵の具を作り 西洋の壁面のイメージで完成です。

素朴な小さなタイル一枚

眺めてうっとり(^o^)
表情豊かで絵画に負けないほど魅力溢れるタイルに驚くばかりです(*^^*)

| writing shop | comments(0) |
Delft Tile 
魅了されるデルフト・タイル

18世紀デルフトタイル
今回は18世紀(1730年頃)のタイルです☆

コバルトの美しい青が魅力のタイル

西洋の相撲の様な絵柄ですが

コバルトの色目がしっかりと
スカートみたいなのを着ているので女性? いやいや男性?

ベースもこだわってみました☆
素朴な遊びのようにも見えてきます(^o^)

ヴィンテージ・フレームも魅力
今回もアトリエで出番を待っていたヴィンテージ・フレームとのコラボです。
| writing shop | comments(0) |
| 1/72 | >>