k.kae
| C | A | L | P |
残暑お見舞い
残暑お見舞い申し上げます。

今夜は京都五山の送り火

お盆の時期に帰ってこられたご先祖さまの霊を 
再びあの世へお送りする宗教行事です。

大文字、妙法、船形、左大文字、鳥居形と順番に点火されていきます。

送り火が済むと京都は秋の気配に・・・
とはいえ、まだまだ蒸し暑さが。。。

残暑お見舞い申し上げます。
ご自愛くださり またお目にかかれますのを心待ちに致しております。
| writing shop | comments(0) |
華やかに渋く    -ハンドメイド・ノート-
ナチュラル革とムラ染めの革とのコンビネーションが魅力

ハンドカラーリングが魅力です☆
ノート三冊のご紹介です\(^o^)/

一冊目は

赤茶色にブラック・リネンで
落ち着いた渋い赤茶色にムラ染めをしてブラック・リネンで。

二冊目は深〜い青色 空の色のような、、、海の色のような・・・

深い青色に白リネン
目に染みる色合いに完成です。
真っ白なリネンとの相性もバッチリ(^o^)

三冊目は赤紫色 

赤紫の色目に赤リネン
魅力的な色目に満足、満足。
リネンは勿論 赤色です(*^^*) 

年月とともにより表情の変化を楽しんでいただくよう背表紙・ベルトには 
ナチュラル革を用いてみました。

使っていくたびに使い手の色目に変化していくのも
お楽しみのひとつです☆

手縫いで一冊づつ(^o^)
紙はフランスのアルシュを用いて。

紙の手触りや書き心地も楽しんでくださ〜い(^o^)/
| writing shop | comments(0) |
8月の予定
あっという間に5月、6月そして暑さ真っ盛りの8月

お休み&営業日のお知らせです。
15日火曜日1:00pm-5:30pm 30分早く閉店いたしますのでお気をつけていらしてくださいm(_ _)m

16日水曜日1:00pm-5:30pm 定休日ですがオープンしていますのでお立ち寄りください\(^o^)/

16日以外はいつも通り水曜日のみ定休です。

外は暑さと湿度の高さとでまるでサウナ
室内はエアコンフル回転。

暑〜い((+_+))! 冷え〜る((+_+))! を繰り返す毎日です。

夏バテにならないように体調管理をお忘れなく、ね!!

お待ちいたしております(*^^*)
お久しぶりにお目にかかれる帰省の方々 旅行で来られる方々など

再会を心待ちに致しておりま〜〜す(*^^*)

| writing shop | comments(0) |
暑く楽しい一日(*^^*)
暑〜〜い!  気温は35度

こんな暑い日には 食べたくなる『白桃のジュレ』
昼食後、遊形サロン・ド・テに行ってきました。

夏の季節 大好きな白桃のジュレ
毎年この季節には頂きたいデセールです☆

この日のもう一つの目的・・・☆

お漏れ日が美しく感じます。
太陽の陽射しが一番高い時間帯に

梅田スカイビル前にて
梅田スカイビルタワーイースト3階 シネ・リーブル梅田へ行ってきました。

いい映画でした☆☆☆
「ダンサー  セルゲイ・ポルーニン」世界一優雅な野獣を観に(^o^)

若くして最高のバレーダンサーに登りつき そして人気のピークで電撃退団
天才ゆえの彼のドキュメンタリーです。

終了後館外へ

安藤忠雄作「希望の壁」
夕方4時頃 まだまだ陽射しが強く感じられます。
時折、身体を通り抜ける爽やかな風
湿った風から爽やかな風へと  すっかり夏の訪れを感じる風です。

陽射しの中ソフトクリームを食べたくなり 何十年ぶりでしょう・・・・

随分久しぶりのソフトクリーム
エヤコンの効いた室内でいただいてきました(笑
(グラスの中にはコーンフレークが敷き詰められタップリ濃厚なソフトクリームが)

高いビルに圧倒されながら♪♪♪
帰る道中、見上げるビルの合間の空も雲も絵画のように惹きつけられます☆

暑さの中ちょっぴり疲れ気味のわたしでしたが
阪急電車の中から見える夕暮れ時の西の空が癒やしてくれる 楽しい、楽しい一日でした(*^^*)
| 日々 | comments(0) |
最高潮  -祇園祭-
宵山に続き 前祭山鉾巡行そして神幸祭の御輿と最高潮の一日でした。

地下鉄で市役所前に付き 御池通へと上がると
人、人、人、人!!!!
例年にまして多く感じるほど沢山の人出です。

一番手の長刀鉾を観ることが出来ませんでしたが 占出山、孟宗山、霰天神山の山の後  

やはり素晴らしいです☆
二番手の鉾 函谷鉾(かんこほこ)を何とか写真に収めることができました(^o^)

お店に向かうまでの道のりもお祭り気分満点です。

午後6時には八坂神社で神幸祭が行われ三基の御輿が中心街を練り歩きます。
「ホイット、ホイット」の掛け声を聞くと身体が熱くなり興奮状態になるわたし。

以前は御輿と共に歩き回ったのですが・・・

お店の閉店後 帰り道の寺町で御輿が来るのをワクワクして待つこと数十分
遠くからざわめく気配を感じ 
益々じ〜っとしていられなくなっちゃうわたし(笑

「錦」の文字の入ったハッピを着た人たちが、、、
あっという間に神輿が。。。☆

興奮が伝われば・・・♪
人にぶつからないように何とかシャッターを☆

後ろ髪ひかれる気分です。
まだまだ、後祭・還幸祭と暑い京都は続きます(*^^*)

| 日々 | comments(0) |
まるで・・・☆  -額装-
Andre Marty(アンドレ・マルティ)第三弾 1922年Pochoir 

シーンの中に入ってしまいます。
月夜に佇む美しいブラックドレスの女性

魅力的なドレスにウットリ☆
ちょっぴり悲しげな横顔も 大人の女性を感じてしまいます。

まるでオペラのシーンです
水面に揺れ映るお月さま
まるでオペラのワンシーンの様な・・・☆

美しいヴィンテージ・フレームで☆
上質なヴィンテージ・フレーム

モチーフには手持ちのヴィンテージ・アクセサリーのデザインを24K箔で描いてみました。

ラピスの美しさ金箔の迫力(^o^)
石の代わりにラピス顔料を用い ゴールド・パウダーで色付けです☆ 

数枚のポショワールとの出合い
完成後もウットリしながら 年月を超えた美しさに見入ってしまうわたしです。

マルティのポショワールが並びます(*^^*)
只今writing shopは ちょっとしたギャラリーの様子

年月を超えた魅力

是非、みなさまも観にいらしてください(*^^*)


| - | comments(2) |
微笑み返し   -額装-
Andre Marty(アンドレ・マルティ)第二弾 1922年Pochoir(ポショワール)

マダムと天使☆
まるで天使を思わせる子供と母

思わず微笑んでしまいます。
溢れんばかりのお花を手にした愛らしい少女

愛らしさに胸キュンです☆
シンプルなドレスが愛らしさを増しています(^o^)

静かで優しい笑みを浮かべた女性の姿

優しさ溢れています
渋い色合いのドレスと可愛らしいお花の付いたお帽子
心地よい安らかな時間が流れ
すっかり見とれてしまいます(*^^*)

美しく迫力ある額
ヴィンテージ・フレームにタップリのコットン紙の余白を取り

シンプルに金箔であしらって
シンプルに24K箔のモチーフで仕上げてみました☆

| writing shop | comments(0) |
夏の風  -額装-
梅雨真っ只中
爽やかなものを求めてしまう毎日

デスクから見える樹々の緑に癒やされ
大好きなショパン・ノクターンの旋律を楽しんだりして過ごしています。

さて、writing shopより夏の風・・・

夏の風を意識して・・(*^^*)
麻糸を使った額装のご紹介です!

白亜、土などの顔料で
白亜をベースに土などの顔料で表情を作ってみました。

アンチィークの楽譜も魅力のひとつ
以前手に入れたアンティークの楽譜もベースにし
白亜を塗りつぶしては剥がし 何度か繰り返しながらベースの完成です。

麻糸の魅力に\(^o^)/
魅力的な麻糸を固定して完成した額装

夏の爽やかな風を感じていただけると幸いです(^o^)
| writing shop | comments(0) |
pochoir 二点  -額装-
久しぶりのご紹介 Pochoir二点です。

19世紀から20世紀初頭フランスで活躍したイラストレーター
Georges Lepape(ジョルジュ・ルパップ)
そしてAndre Marty(アンドレ・マルティ)のポショワール。

サインも素敵(*^^*)
まずは、1913年大好きなLepapeのポショワールです☆

思わず被ってみたくなります☆
愛らしく魅力的な帽子

大好きなルパップの絵
どのようなドレスと合わせ身につけたのでしょう(*^^*)
街を軽やかに歩く女性の姿を思わず想像してしまいます☆

ゴールド・パウダー&金箔でのモチーフ
ヴィンテージ・フレームとエレガントリボンをイメージしたモチーフ(*^^*)

二点目 1921年Martyのポショワール。

心地よい風が吹いています。
随分以前に同じポショワールと出合ったことがあります。
店内に飾ること無くご縁をいただきお嫁入りしていきました。

魅力あるマルティの絵
十数年ぶりのご縁・・・☆

シルバー・パウダーと金箔でのモチーフ☆
モチーフに絵柄のイメージと共にシルバーパウダーと24K箔で風を描いてみました(*^^*)

ヴィンテージ・フレームと共に(^o^)
それぞれに合わせたヴィンテージ・フレーム そしてモチーフ☆

Writing shopらしい額装の完成です(*^^*)

| writing shop | comments(0) |
雨もご馳走   -俵屋旅館-
昨年も6月に寄せていただき 丁度一年ぶり11度目の俵屋旅館です。

梅雨入りしてから晴天の続く京都
お泊りが決まってから「雨が降ればいいのに・・・☆」と
俵屋旅館のお庭を想像しながら毎日が過ぎていきます。

想いが叶ったといえるのでしょうか
前日の夜は大雨 ちょっぴり複雑な気持ちで当日の朝を迎えました。

想いがお空に届いたのでしょうか、、、
来館の際にはほとんど雨が止みだしています。

傘をささずに俵屋旅館に到着です。

今回は『竹泉』新館の一階 初めてのお部屋。

中に入ると左手に見える青々としたお庭が迎えてくれました。
竹泉のお庭は完全にプライベートお庭です(^o^)

たっぷりと水分を含んだこんもりと盛り上がった苔のお山 そして愛らしい青モミジ 

雨粒も美しく
席について見える景色はまるで絵画を見ているかのようです。

一息つくわらび餅 最高です!
雨上がりということもあり 少し薄暗さが静かなひと時を与えてくれます。

お部屋も廊下も季節のあ花が
お部屋も廊下の片隅にまで 美しい季節のお花が・・(*^^*)
愛でる瞬間も 俵屋旅館に脚を踏み入れた実感が湧いてきます。

出来るだけ美しいお庭を見ながら夕食をいただきたく5時半からスタートです。
(時間指定できるのもありがたいです)

久しぶりの和食を堪能して日が暮れだしていきます。
眠りにつくときもお庭を見ていたくカーテンも開けたまま就寝(*^^*)

目覚めも気持ちいい
晴天の朝

壁面も絵画のように
少しずつお庭にも朝日が入りだし 昨日とまた違う景色が目に飛び込んできます。

苔のお山も美しく
苔に光る朝日

青モミジと陽射しと美しく
射す光も優しく
お庭がキラキラ☆ 喜んでいるかのようです☆

ずっと見つめていたくなります
石畳、壁面などになどに射す朝日も馳走です。

たっぷりの朝食をいただいた後
スタッフの方々の優しい笑顔で俵屋旅館を後にしました。

余韻を残せるお店にしなくっちぁ!と
思いながらthe writing shop スタートです(*^^*)
| 日々 | comments(0) |
| 1/66 | >>