k.kae
| C | A | L | P |
残暑お見舞い申し上げます。
THE WRITING SHOPより 残暑お見舞い申し上げます。

2018年 例年に増して
長きに渡り 暑さ厳しい日が続いております。

2018年 残暑見舞い
水分補給は勿論ですが
栄養補給も忘れずお過ごしくださ〜い。

笑顔いっぱいの再会を楽しみにいたしております。
| writing shop | comments(0) |
お盆営業日のお知らせ
京都は一週間ほどでお盆の精霊を送り出す行事 五山の送り火です。

大文字送り火
夏の夜空を彩る風物詩としても国内外から沢山の方々が訪れてくださる京都


THE WRITING SHOPお盆の営業日のお知らせです☆
8月15日(水曜日)も1:00pm-6:00pm 営業致しております。

お久しぶりにお目にかかれるのを心待ちにいたしております。

| writing shop | comments(0) |
Pochoir -額装-
今回も二点の額装のご紹介です

まずは一点目

愛らしく優しいポショワール
1922年シャルル・マルタン(Charles Martin)が描いたポショワール
ジャンヌ・ランバン(Jeanne LANVIN)のドレスです。

こころ休まる絵
全体に抑えた色彩が特徴のマルタンのポショワール。
グレーの色彩の中に優しいピンク
わたしがイメージするフランスの色彩そのものです。

ヴィンテージ・フレームも魅力的
魅力的なヴィンテージ・フレームと合わせ 

モチーフもバラにして(^o^)
少女のドレスに描かれている薔薇の絵柄を
コットンペーパーの余白部分にモチーフとして24金箔で描いてみました。

十年ほど前にも同じポショワールを額装したことがありますが
今回も手にすることができ また新たなる気持ちでの額装となりました。

優しく静かな中に華やいだ気持ちになるのはわたしだけでしょうか。


二点目

ゆったりと余白を取っての額装
こちらも1922年
アンドレ・マルティ(A.E.Martin)の描いた魅力的なポショワール。

素敵なマルティーの絵です
素敵なマダムと少女 美しくエレガントなドレスも
ジャンヌ・ランバン(Jeanne LANVIN)ドレスとお帽子。

どの様な人たちが どの様な場面で着ていたのでしょうか、、、
ヨーロッパの華やかな時代にタイムスリップしたくなっちゃいます☆

1950年代の魅力的な額
絵柄に合わせてのヴィンテージ・フレーム

シンプルにゴージャスに
モチーフもシックにエレガントにあしらってみました。
たっぷりと取ったコットンペーパーの余白も魅力のひとつです。

決めごとを無くし
壁面だけではなく低めの棚などにさり気なく
ご自身が愛でる高さで楽しんでいただけると嬉しいです(*^^*)

| - | comments(0) |
今回もうっとり(*^^*)
今回も待ち望んでいたノートたちがイタリアより到着です。

玄関前にDHLの大きな車が止まった瞬間
「来た!」と声を出してしまいました。

ワクワクしながら梱包された荷物を解く瞬間のひと時は最高!
一冊、一冊薄紙に包まれたノート

どのノートも同じものはなくそれぞれの魅力を放っています。

魅力的なノート勢揃い
「これも、いいなぁ、、、」「こっちも素敵」と睨めっこして選ばれる姿が目に浮かんできます(^o^)

バイブルの様相
黒革にユリの紋章 まるでバイブルのようにも見えて。

革表紙も素敵☆
革に幾つもの文様が施された大人のノート

革&マーブルノート
色々な角度から見たくなるぅ
美しいマーブル柄そして革。

ページのマーブルも魅力
どのノートのページにも美しいマーブル模様
一気にテンションアップです(^o^)

三角ノートも魅力
書いてもオブジェとしても魅力的なノート。

揃うと迫力
皆さんはどのタイプがお好きかしら・・・(^o^)


マーブル紙は次回のお楽しみになります☆
| writing shop | comments(0) |
オリジナル・デザインカード  -活版印刷-
活版印刷、手彩色でのwriting shopオリジナル・グリーティングカード

大切な方々へのお礼、お祝い等などに使っていただくのは勿論ですが
ご自宅に飾ってくださる絵として楽しんで頂くことが多くなっています☆

近年writing shopオリジナル・デザインでご紹介するカードも増えだしました☆

大好きな季節の和花シリーズ。
お気に入りの楽器シリーズ。
お月さま、エンジェル、キャンドルそして子供の時愉しんだ遊具などのデザイン。

最初に出来たデザイン
最初に出来たデザイン
今年最初にご紹介した二種類のアール・デコデザインのグリーティング・カード

新たなるアール・デコデザイン
新たに二種類のデザインが増えてのご紹介です。

新たなるアール・デコデザイン
今回もオリジナル・ブラックインクに
美しい赤のグァッシュでくっきりインパクトのあるカードの完成です!

4種類になりました(^o^)
四種類のアール・デコ デザインカード。
どのデザインカードがお気に入りでしょうか

ふくよかなコットンペーパーとの相性もバッチリ☆
まずはご自身の為に楽しんでみてください(^o^)
| 活版印刷 | comments(0) |
Sevres 永遠の、パリ。 -フランス宮廷の磁器-
暑さ最高潮
先日の水曜日
4月から開催されていた『Sevres』永遠の、パリ。

やっと、行ってきました\(^o^)/
やっと大阪市立東洋陶磁器美術館へ行ってきました。

阪急で梅田まで。
ランチを済ませ御堂筋へと。
日差しもきつく蒸し暑い一日ですが


御堂筋のオブジェ☆
歩道沿いに並ぶオブジェが暑さを癒やしてくれました☆

暑さなんか・・・
気持ちはセーブルへ
暑さより大好きなセーブルを観たいとの気持ちが強く興奮が力となります。

喉が乾く頃、やっと到着です(^o^)

大阪市立東洋陶磁器美術館
新信号待ちの間も気持ちは館内へと。。。。

行き慣れた館内もより華やいで見えてきます。

ウットリするばかり☆
美しさに感動
カップと窪んだソーサー1763年

只々うっとり(*^^*)
ポリプ「エベール」1757年
ウットリしたり興奮したりとが繰り返し 時間が過ぎていきます。

白もセーブルらしく
化粧用クリームの壺1750年頃
18世紀のまだ軟質磁器だった頃のふんわりとした白磁の美しさにもウットリ。

この様なカップで・・・(^o^)
色とりどりの色彩 カップとソーサー1792年-1800年

細工、絵柄の美しさ
繊細な細工  

素晴らしいセーブルブルー 
そして、まさしく高貴な青セーブルブルーの美しさ等など
興奮は続いていきます(*^^*)

お気に入りの美術館 
そして憧れでもある大好きなフランス宮廷の磁器セーブル

好きな景色です。
時間をかけた至福のひと時でした。

帰りは余韻を楽しみたく京阪電車のPREMIUM CARでの帰途へと、、、、(^o^)

 
| 日々 | comments(0) |
ヴィンテージ・フレーム  -額装-
18年前ヨーロッパの紙、カードを手がけたのがスタート。

いつの間にか幾つかのwriting shopオリジナル商品を作るようになり・・(^o^)
その中のひとつに額装があります。

ご依頼を受けてお作りする額装 
ヴィンテージ、アンティークの美しいものを見つけての額装

特に昔ものを額装するのには 額もヴィンテージ・フレームでと決めています。
お気に入りの絵を求めても この絵と合うだろうと思う額と、出合うまで額装がお預け状態です。

今回、長く眠っていた二枚の絵がやっとお目見えです☆

額もモチーフも魅力です。
シンプルでアール・デコの額 

ヴィンテージ・フレームも魅力
繊細ながら魅力的な装飾が施されている額とのコラボです。

余白も優しく
Writing shopらしくコットンペーパーで余白を作り

24K金箔も輝いています。
イギリスの金箔でモチーフを描いてみました。

素敵な親子ファッション☆
絵だけではなく額も余白も全て含めてひとつの作品の完成です☆

さり気なく飾りたくなります☆
壁面に飾ったり 何気なくボードなどの棚の上に 
そしてお気に入りの椅子に立てかけてなど 
色々なシチュエーションで楽しんでいただけると幸いです。

ふたつの額装  どの様な方のところにお嫁入りするのでしょう

お迎えをお待ち致しております(*^^*)

| writing shop | comments(2) |
そろそろ、、
列島大雨が続く毎日。

昨日は鴨川、桂川など水位が上がりドキドキしておりました。

色濃く輝いて見えます。
今日、少し水位が下がっているとのこと まだまだ油断は出来ませんが・・・

青空が待ち遠しい
広がる青空が待ち遠しいものです。
| 日々 | comments(0) |
大好きなお花 ネジバナ
外は猛暑で蒸し蒸し、、、
室内はエアコンで冷え冷え、、
みなさん、体調を崩されていませんか。

予想がつかない気候の毎日です。
なにかワクワク♪ウキウキ♪など 素敵と出合っていますか

先日、the writing shopのエントランスに並べている鉢のなかに
見落としてしまいそうなお花が。。。

よ〜く見てみると 
ヒョロヒョロとした茎のネジバナが咲きだしています。

何処からか虫さんが花粉を運んで来てくれたのでしょう。

今日、元気に育っているかしらと見てみると 
ほんの少し茎もしっかりとし

螺旋状に咲くネジバナ
桃色の多数のお花が花茎に密着させるように螺旋状に並んで咲いています☆

桃色の小さなお花が愛らしい
一気に蒸し蒸し不快な気候も忘れカメラを向けてしまいました(^o^)

風に桃色のお花が揺れています。
素敵な時間が過ごせる一日となりました。
| 日々 | comments(0) |
2018   俵屋旅館
今日の京都は35度を超える猛暑日となりました。
10度ほどの気温差が続く今日この頃です。

先週水曜日 小雨が降り気温もさほど上がらない京都でしたが


一年振りの俵屋旅館
一年振りに俵屋旅館へ行ってきました。
しとしとと降る雨がとても似合うお宿でもあります☆

今回のお部屋は新館二階にある

招月の間にて
『招月の間』

目に飛び込む青モミジ
ドアが開かれると真っ先に目に飛び込んでくる見える青モミジの美しさ。

まるで一階のお部屋に居るかのような、、、
畳の間でごろりと寝転んで見える景色がまるで一階に居るかのようです。
目もこころも一気に癒やしてくれます。

外へ出ることもなくテレビも付けることもなく お部屋、館内だけを楽しむ贅沢ひと時です。

庭座で一息
お庭に面した庭座も贅沢空間です。

廊下にも(^o^)
廊下の奥には美しく生けられたお花

美しいヴェネティア・ガラスが・・(*^^*)
階段途中にさり気なく置かれている美しいヴェネティア

招月の間での設え
そしてお部屋でひときわ存在感のある李朝の壺

お食事が楽しみ♪
午後五時半 普段よりひと足はやく

夕食を堪能です(*^^*)
青々としたモミジを見ながらのお食事がスタートです。
時間がゆっくりと流れています(*^^*) 

お食事でお腹いっぱいになった後アーネスト・スタディーで書物をみるのも楽しみの一つ。
同じようにお宿にお泊りの方々と顔を合わせる唯一の空間です。

翌朝、優しい日差のお庭を見ながらの目覚めです。

日が射しキラキラ☆モミジ☆
雨露が残りキラキラと輝いているお庭を見ながらの朝食です。

今回も豊かで贅沢なひと時を過ごせ幸せな気持ちのままの出勤でした。

The writing shopも余韻を残していただける空間、お店になれるといいなぁ☆


| 日々 | comments(0) |
| 1/71 | >>