三泊四日 | k.kae
| C | A | L | P |
三泊四日
一年ぶりの東京
数週間前より天気予報とにらめっこ状態のわたしです。
色々楽しみを考えながら新幹線へ 

気温が上がり、いいお天気ながら薄曇りに見える空
ぼ〜〜っと景色を見ながら そろそろかなぁ・・・と思っていたら
富士山が\(^o^)/

裾野まで広がる富士山
なんと!! 裾野まで見える富士山がくっきりと見えています♪♪
「こりゃ!縁起がいいや〜〜♪」と呟いてしまいます。

今回の東京
美術館巡りが一番の目的 催しもさる事ながら建物も興味津々☆☆

ちょっぴり残念だけど・・初日は月曜日でもあり休館

まるで外国??
お目当てのお店に行ったりしながら一日が過ぎていきます。

夕食の後のお楽しみ^_^♪
お洒落をしてディナー、ラゥンジでのひと時もゆったりとした時間が幸せ〜〜

二日目 まずは南青山

楽しみにしていた根津美術館
『根津美術館』へ 
京都ではご縁がなかった光琳・其一 特別展-燕子花図と夏秋渓流図- を観ることが出来ました。

お庭には菖蒲が咲きほこって
お庭では菖蒲が見頃ということで時間をかけ楽しむこと楽しむこと(*^^*)
(都会の真ん中にいることを忘れてしまうほどです)
癒される美術館 また、訪れたいと思いながら後にしました。

表参道と青山通り交差点から根津美術館までの道中も緑がたっぷり

迫力にビックリ!
そして驚きの建物に感動したり興奮したりとすっかりおのぼりさん状態です

こちらも、、ビックリ!
どちらもスイスの建築家Herzog & Meuron(ヘルツォーク&ムーロン)の建築デザインだそうです。

三日目 朝から細かい雨が降っています。
昨日より気温も下がり状態 でも、気分は上り状態のわたしです(*^^*)

あちらこちらに緑が・・(*^^*)
まずはお目当ての家具屋さんへ行ったりしながら東京カッポです☆

夕暮れ時 二軒目の美術館 六本木にある『国立新美術館』へ
こちらも是非訪れてみたいと思っていた美術館のひとつです。

開館10週年 草間彌生 -わが永遠の魂-
傘もいらないぐらいの小雨
樹々をよりくっきりと美しく輝かせてくれる恵みの雨です^_^

写真を撮りながら興奮気味
門をくぐったときから草間ワールド。

館内では写真オーケイ!のお部屋が・・・

わぁ〜〜〜〜〜♪♪
草間ワールド全開で〜〜す\(^o^)/

興奮してま〜す\(^o^)/
少し疲れだしていたわたしも一気に元気モリモリ

色とりどりのドット
美しい色合いがパワーを与えてくれているかのように あっちも、こっちも、、と広いお部屋を動き回ってしまいます☆

改めて草間彌生の世界へと・・・
以前、大阪で目にした草間作品以外に
1960-70年代画かれた油絵のドット 初めて目にする作品たちに感激のわたし(*^^*)

新美術館内より
閉館後も余韻をいっぱい残しながら

思わず記念写真
黒川紀章さんの最晩年のデザインの建物を見るのも楽しみのひとつです。

さあ、四日目

ほっと、一息^_^
昨日より気温も上がり晴天の一日です。

西洋美術館前にて
最終日でもある四日目 まずは上野にある国立西洋美術館へ

晴天日です(*^^*)

思わず足元から撮影
なかなか上野に来る機会がなかったので初めての来館です。

ル・コルビュジェの設計した建物も魅力のある美術館。

西洋美術館館内
今回は常設展のみ観賞しながら館内を堪能してきました。

夕暮れときの新幹線に乗り込み京都へ
東京に向かった際 裾野まできれいに見えた富士山
帰りも見えるかしらと車窓を楽しんでいると見えました!!
あの、神々しく美しい富士山が(*^^*)

西へ西へと京都に近づく新幹線

新幹線からの車窓 ホッ!
車窓からみえる景色も季節の移り変わりが見えてきます。

今回は色々な出会いと美しく珍しい物たちとの出合いもある三泊四日の休日でした。

パワーも刺激も蓄えて新たなものにチャレンジしながらthe writing shopのスタートです(*^^*)



| 日々 | comments(0) |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>