FOUJITA 藤田嗣治展   -京都国立近代美術館- | k.kae
| C | A | L | P |
FOUJITA 藤田嗣治展   -京都国立近代美術館-
秋晴れのいちにち
芸術の秋

自転車で秋晴れを楽しみながら近代美術館へ行ってきました。

晩年フランス国籍を取得した画家 

照れながらの記念撮影
藤田嗣治(レオナール・フジタ)の展覧会です。
没後50年ということで 100点以上の作品が集まっています。

代表的な乳白色の下地での作品はあまりの美しさに息を飲んでしまいます。

図録の表紙の「カフェ」と題された作品も

図録を見ながら思い出しています☆
油絵とは思えないほど女性の肌が艷やかに描かれています。
ソファー、テーブル どれも柔らかだったり、しっとりだったりと観ているだけで伝わってきます☆

展覧会は12月まで開催されているのでもう一度と。
思いながら美術館を後にしました。

少しずつ日が暮れだしてきました
街灯に灯りが・・・

余韻を残しての帰途です☆
ほんのりと見える夕焼けもご馳走の一日となりました☆

| 日々 | comments(0) |
Comment









<< NEW | TOP | OLD>>