writing shop | k.kae
| C | A | L | P |
Delft Tile
パート兇紡海 

対で並べても素敵
18世紀のデルフト・タイル二点

昔の遊びでしょうか

西洋凧上げ
一枚は日本でいう凧上げ?(西洋カイトかな)

もう一枚は 竹ではなさそうですが 

西洋竹馬かな
まるで竹馬のようなものに乗っています。

どちらも愛らしく美しいコバルトでの染付の絵
思わず笑みを浮かべてしまいます☆

今回、ご紹介の額は 
木枠を選び作っていただきました。
タイルと同じ様に正方形で。

ハンドメイド・フレームに金箔
上下にはオリジナルでthe writing shopで用いる24K箔をあしらってみました。

大正時代の釘もバッチリ
ご紹介したそれぞれの額装には大正時代の鉄の釘を加工してタイルを止めてアクセントに☆

ベースも表情いっぱい
白亜を膠で混ぜオリジナル絵の具を作り 西洋の壁面のイメージで完成です。

素朴な小さなタイル一枚

眺めてうっとり(^o^)
表情豊かで絵画に負けないほど魅力溢れるタイルに驚くばかりです(*^^*)

| writing shop | comments(0) |
Delft Tile 
魅了されるデルフト・タイル

18世紀デルフトタイル
今回は18世紀(1730年頃)のタイルです☆

コバルトの美しい青が魅力のタイル

西洋の相撲の様な絵柄ですが

コバルトの色目がしっかりと
スカートみたいなのを着ているので女性? いやいや男性?

ベースもこだわってみました☆
素朴な遊びのようにも見えてきます(^o^)

ヴィンテージ・フレームも魅力
今回もアトリエで出番を待っていたヴィンテージ・フレームとのコラボです。
| writing shop | comments(0) |
お休みのお知らせです!
お知らせです!
連休明けの火曜日 9月25日お休みをさせていただきます。

定休日の水曜日とで連休になりますのでお気をつけください。
27日木曜日より変わらずの営業となります。 

暑さがおさまることも無いまま9月へと

もう、秋、、、
そして9月も残すところ10日あまり。

今日は前日とは一気に気温が下がり上着を手に出勤です。
まだまだ、気温差が激しい毎日とのこと。

季節の変わり目の時期こそ
体調を崩さないよう気を付けましょう(^o^)

| writing shop | comments(0) |
Delft Tile  -額装-
デルフト タイル
はじめてのご紹介です。

ヨーロッパ各地の色とりどりの魅力的なタイルに魅了してきました(^o^)

今回の額装は17世紀オランダのタイル

17世紀オランダタイル
素朴な絵柄の美しく魅力的なタイルです。
約13cm四方のタイルの中に不思議な物語が詰まっています。

魅了されるタイルです☆
しっとりとしたタイル地に優しく淡い藍色のベース
グリーン、オレンジの色彩でお花でしょうか、何かの実でしょうか、、、
愛らしいモチーフが描かれています。

まるで小さな絵画とでも言うのでしょうか。

迫力と愛らしさの有るヴィンテージ・フレーム☆
迫力のある個性的なビンテージ・フレームとのコラボレーション☆

大正時代の釘も魅力です
大正時代の釘も魅力のひとつとなっています。
今回もヨーロッパの壁面を想わせるように白亜をベースにしてみました。

The writing shop玄関先のヴィンテージ・チェストの上に置いてみました。

不思議な世界が見えてくるのはわたしだけでしょうか☆

| writing shop | comments(0) |
ヴィンテージ・ボタン  -額装-
随分昔からアンティーク、ヴィンテージのボタンに魅了されているわたしです☆

今まででもアンティーク・ボタンを付けたオリジナル革ノートをご紹介してきました。

今回はフランスのヴィンテージ・ボタンを使って

ライティング・ショップらしく(^o^)
小さいのに迫力満点

ハンドメイド・フレームで☆
ボタンをより愛でていただきたく額装にしてみました。

魅力あるボタン
ひとつひとつ不思議な魅力があるボタン

七宝のボタンも素敵です
七宝のボタンも魅力

二点の額装に木枠のハンドメイド・フレームを用いて♪
たっぷりの余白は白亜を使っての額装です。

白亜での表情も魅力
年月を経た壁面の表情を作りたく 24K箔を白亜にこすり付けて完成です☆
| writing shop | comments(0) |
Pochoir -額装-
八月二度目のポショワール額装のご紹介です!

人気のマルティ作品
前回に続きアンドレ・マルティ(A.E. Marty)1921年のポショワール

麦わら帽子でしょうか お顔がお帽子で影になっています

ヴィンテージ・フレーム魅力
夏の午後、都会の女の子が田舎に訪れ アヒルたちに囲まれ驚いている様子が伝わってきます。

ポール・ポワレ(Paul Poiret)のサマードレス
色目も爽やかで愛らしい絵柄です☆


続いて、、、

大好きなルパップ作品
お気に入りのジョルジュ・ルパップ(Georges Lepape)1923年ポショワールです。

ランバンのドレスも素敵
ジャンヌ・ランバン(Jeanne LANVIN)の魅力的なドレスを身に纏った親子の姿

95年の年月が経っても素敵なドレスです。
その時代のマダム、レディーたちの様子を想像するだけでもワクワクしてきます(*^^*)

今回二点のポショワールもヴィンテージ・フレーム

モチーフも軽やかに(*^^*)
そしてthe writing shopらしく たっぷりとコットンの紙で余白を取り

絵とフレーム・モチーフとのコラボ
24K箔、シルバーパウダー等を用いてモチーフを施してみました。


さり気なく身近にお飾りしていただけると幸いです。

| writing shop | comments(0) |
残暑お見舞い申し上げます。
THE WRITING SHOPより 残暑お見舞い申し上げます。

2018年 例年に増して
長きに渡り 暑さ厳しい日が続いております。

2018年 残暑見舞い
水分補給は勿論ですが
栄養補給も忘れずお過ごしくださ〜い。

笑顔いっぱいの再会を楽しみにいたしております。
| writing shop | comments(0) |
お盆営業日のお知らせ
京都は一週間ほどでお盆の精霊を送り出す行事 五山の送り火です。

大文字送り火
夏の夜空を彩る風物詩としても国内外から沢山の方々が訪れてくださる京都


THE WRITING SHOPお盆の営業日のお知らせです☆
8月15日(水曜日)も1:00pm-6:00pm 営業致しております。

お久しぶりにお目にかかれるのを心待ちにいたしております。

| writing shop | comments(0) |
今回もうっとり(*^^*)
今回も待ち望んでいたノートたちがイタリアより到着です。

玄関前にDHLの大きな車が止まった瞬間
「来た!」と声を出してしまいました。

ワクワクしながら梱包された荷物を解く瞬間のひと時は最高!
一冊、一冊薄紙に包まれたノート

どのノートも同じものはなくそれぞれの魅力を放っています。

魅力的なノート勢揃い
「これも、いいなぁ、、、」「こっちも素敵」と睨めっこして選ばれる姿が目に浮かんできます(^o^)

バイブルの様相
黒革にユリの紋章 まるでバイブルのようにも見えて。

革表紙も素敵☆
革に幾つもの文様が施された大人のノート

革&マーブルノート
色々な角度から見たくなるぅ
美しいマーブル柄そして革。

ページのマーブルも魅力
どのノートのページにも美しいマーブル模様
一気にテンションアップです(^o^)

三角ノートも魅力
書いてもオブジェとしても魅力的なノート。

揃うと迫力
皆さんはどのタイプがお好きかしら・・・(^o^)


マーブル紙は次回のお楽しみになります☆
| writing shop | comments(0) |
ヴィンテージ・フレーム  -額装-
18年前ヨーロッパの紙、カードを手がけたのがスタート。

いつの間にか幾つかのwriting shopオリジナル商品を作るようになり・・(^o^)
その中のひとつに額装があります。

ご依頼を受けてお作りする額装 
ヴィンテージ、アンティークの美しいものを見つけての額装

特に昔ものを額装するのには 額もヴィンテージ・フレームでと決めています。
お気に入りの絵を求めても この絵と合うだろうと思う額と、出合うまで額装がお預け状態です。

今回、長く眠っていた二枚の絵がやっとお目見えです☆

額もモチーフも魅力です。
シンプルでアール・デコの額 

ヴィンテージ・フレームも魅力
繊細ながら魅力的な装飾が施されている額とのコラボです。

余白も優しく
Writing shopらしくコットンペーパーで余白を作り

24K金箔も輝いています。
イギリスの金箔でモチーフを描いてみました。

素敵な親子ファッション☆
絵だけではなく額も余白も全て含めてひとつの作品の完成です☆

さり気なく飾りたくなります☆
壁面に飾ったり 何気なくボードなどの棚の上に 
そしてお気に入りの椅子に立てかけてなど 
色々なシチュエーションで楽しんでいただけると幸いです。

ふたつの額装  どの様な方のところにお嫁入りするのでしょう

お迎えをお待ち致しております(*^^*)

| writing shop | comments(2) |
<< | 2/36 | >>